抜きゲー DEAD OR ALIVE XTREME3

81cyyhq53l_sl1500__2
PS4版 DEAD OR ALIVE XTREME3 Fortune
PSVITA版 DEAD OR ALIVE XTREME3 Venus
人気3D格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE(デッドオアアライブ)5 Last Round』より選出された女の子9人と、南の島でバカンスを愉しむゲーム。色々と批判もあって評価が低いが、こと抜きゲーとしては抜きんでたソフトである。
キャラ好きな人には申し訳ないが、抜きゲーの基本は、それがアダルトであろうとなかろうと、妄想で抜けるか、この一点に尽きる。そういう意味では、このソフトは非常に高水準だ。
正直なところ、ウリである“やわらかエンジン”については、どういったものか分からないが(なんか宣伝が大仰過ぎるんだよね)、こと胸の揺れに関しては一級品。閃乱カグラやバレットガールズなどの胸揺れを強調したゲームは少なくないが、「ハデに揺れれば良い」みたいな善くも悪くもアニメ(オタク)的揺れに対し(ファンタシースターノヴァのようなリアリティのないスライムがついているような胸揺れもある)、あくまでリアル志向で、キャラによっても動きが違う。
71rfccz7hol_sl1500__2
さらに尻や太股のムッチリ感、ちゃんと“履いている”ように見える水着や着崩れ、着替えた時の日焼けなども妄想を刺激させる。
キャラのモーションの使い回しやわざとらしいポーズなど、かなりのあざとさを感じるが、それも上等。
PS4版とPSVITA版では表現に若干の違いはあるが、それぞれに長所もあり、好みで選べばいい。もちろん俺は両方買った。DOA5LRからほのか推し。ゲームとしての出来より、俺には実に“実用的”である。

ここから余談だが、俺のDOA歴は1、2のみで、発売ハード的な問題でそれ以降はやっていない。アニメ調の3DはSSのころから魅力的ではあったものの、キャラを一通りクリアしたらそれで終わり(一緒にプレイする相手もいなかったし)。ストーリーがちゃんと続いているので5をするのもかなり抵抗があった(俺はシリーズを通してプレイしたいタイプ)。
そんな俺でも“やりたい”と思わせて買わせるだけの魅力があったというのは、DOA5LRもDOAX3もやっぱり凄いゲームなんだと思う。少なくとも妄想系オナニストを十分に満足させるゲームであることには間違いない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

711sdzdutxl__sl1143_
ノーティドッグが誇るAAAタイトル、メタスコア94はもう怪物だ。
なんか改めてここで紹介する必要もないだろうが、とにかくやって損はない。というか、出来る環境があるなら、絶対にやるべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディビジョン TOM CLANCY'S THE DIVISION

91uevxfesvl__sl1500_
やっぱりどうにも評判が良くないなあ。俺は楽しく遊んでいるんだけどな。もう100時間くらいになりそうだ。フォールアウト4のような圧倒的ボリューム感はないが、それでも十分満足に遊べている。
レビューを読んでいると、どうもダークゾーンを勘違いしている感じがする。あそこは基本的にPvP可能エリア(PvP専用エリアではない)だから共闘も対決も起こりうる。それを承知の上で挑まなければならない。
基本的には同じ目的(敵を倒してアイテムを回収する)で動いているから、自然と共闘する状況が生まれるし、だから普通にやっている分にはローグにはなりにくい。
ただ、ローグを目的にしたプレイヤーももちろんいるし、ローグひとりで場が引っかき回されることもあるが、そんなに頻繁にローグに襲われることも少ないからちゃんと状況に対応していれば、そんなに悔しい思いをしなくてもする。
だいたい、このゲームでは最上級アイテムはソロプレイでもポロポロでるから、レベル30を超えて装備スコアを上げたいなら、難易度をハードにしてミッションをリプレイすれば色々と手に入る。いらないものを売っていけば、ショップで良い装備を整えることも可能だ。
そこからチャレンジモードやファルコンロストに挑戦するのは、やっぱりマルチしないといけないが。
俺の現在の装備は、装備スコア150くらい、マークスマンとアサルトを使っているが、ショットガンも少々使うようになってきた。
もう少しハードでミッションやってスコアを170くらいにはしたい。同時にダークゾーンのレベルも上げたいところ。まだまだ遊べそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

抜きゲー バレットガールズ

抜きゲーとは?
妄想系オナニストが使用するためのゲーム。18禁である必要はなく、キャラだけでも、1シチュエーションだけでも抜ければそれは本人にとっては抜きゲーである。

なんていう説明から入ってしまったが、今回、紹介するのはPSVITAのTPS『バレットガールズ』。
81nt1b62l__sl1500_
レンジャー部に所属する女子高生たちのドタバタ青春脱衣バトル!
要するにカワイイ女の子たちが銃器でドンパチ、ダメージを受けると服が破け、ボス女の子を倒すとその子を尋問(と称するイタズラ)が出来る、という内容。
TPSではあるが、時間制限がかなり厳しいのでカバーアクションやステルスにほとんど意味がなく、基本的にゴリ押しで進んでいく。難易度はそれほど高くなく、オールSランクを目指さなければ、誰でも最後までクリアできるだろう。ただ尋問特訓は課金アイテムを買わないと厳しいかも(あったら楽勝)。

巨乳率が高く、かなり柔軟に動く。特に尋問特訓のエロさは完全にレーティングDを逸している。

正直、抜きゲーとしてはいささか露骨すぎる感じはするが、2の発売を目の前に、ちょっと予習しておくのもいいと思う。
81e6weptodl__sl1476_
Best版もあり。

81d9rnlbfl__sl1476_
4月21日発売予定の『バレットガールズ2』。個人的にかなり期待している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディビジョン TOM CLANCY'S THE DIVISION

俺の最近のお気に入り、ユービーアイソフトのディビジョン(TOM CLANCY'S THE DIVISION)。PS4版の他、XBOXONE、PCでも発売中。
91uevxfesvl__sl1500_
ウィルステロによって荒廃したニューヨーク。秩序を取り戻すため、自律部隊ディビジョンのエージェントが動き出す。
オープンワールドのシューティングRPG。TPS視点でエイムよりもカバーが重要。
Amazonのレビューでは結構叩かれてて、よく分かる。確かにバグも多いし、サーバーやオンライン関係も貧弱だし、ダークゾーンのデザインやバランスもイマイチだったりするが……それを補って余りある美しいグラフィックとオープンワールドをぶらつく楽しさ。緊張感のあるPvPエリアのダークゾーン。個人的には非常に楽しんでいる。

ここから余談。ネタバレもあるので注意。
ゲームとしてはストーリー性はかなり弱く、劇的な展開はほとんどない。敵も人間がほとんどなのでイマイチ盛り上がりにかける。この辺りはちょっとデスティニーを思い出す。まあ、向こうは古参SFファンの俺ですら“何が何だかよくわからない”ストーリーだったが。
キャラもセリフの言い回しもやっぱり洋ゲーらしい感じでとっつきにくい。その中でも俺が面白いと思ったのが、序盤で救出する医師ジェシカ・カンデル。武装集団ライカーズに囚われていた状況を考えると、あのつんけんした皮肉屋(このゲームに登場するキャラはみんな皮肉屋だ)もわからないでもないが……。
サイドクエストを進めていくと、彼女がLGBTなのが分かるし、徐々に主人公に好意的(刺々しい言い方は余り変わらないが)になってくる。おそらく年齢でいえば30前後、或いは後半くらいか。
主人公がキャラメイクで男、女と選択できるのでそういう設定なのかも知れないが、日本のRPGが少年少女が主人公イコール恋愛が薄っぺらい(よくも悪くもラノベ的)なのに比べると、なかなか斬新だった。あのまま好き嫌いだけじゃない大人の恋愛に発展しそうな雰囲気はいい。
ストーリー的にはもうおしまいなので、続編があるならそっちも期待したい。新規IPとしては成功だったんじゃないかと思う。
といっても今作も発売されて一カ月ちょっと。まだまだ大型アップデートもあるし、数多くの不具合を解消してもらわないといけないんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴッドイーター2 レイジバースト

ここのところ、ずっと続けていたゴッドイーターバースト(GEB)。
難易度10、ストーリーも終盤でクエもあと5つ……というところで、PSPが壊れてしまった!
selectボタンが反応しなくなり、しても今度は押しっぱなし状態。もちろんこれではゲームなど出来ない。
初期型のPSP、もう購入して10年になる。MHPの発売に合わせて買ったからなあ。新しいのを買うか、しかしAmazonでは新品はなんと30,000円もする。PSPは生産が終了しているが、最終14,000円くらいだったぜ?
中古でも最低5,000円、果たして買う価値があるのか?

悩んだ挙句、続編、PS4のゴッドイーター2レイジバースト(GE2RB)にデータを引き継ぐことにした。引き継ぐっていっても、せいぜいプレイヤー名がデータベースに記載されるくらいで、条件で武器を持っていける程度(しかも強い武器は直ぐには使えない)。
どうせ、秋にはGEBの焼き直し(リメイク)が出るし、もういいだろう、なんて気楽に始めたが……これが超メンドクサイ!
まずPSPからPS3にデータを移行、それをさらにVitaに移す。そしてゴッドイーター2(事前にPlayStationPlusで購入してあった)にインポートしてからセーブして、それをGE2RB体験版をDLしてインポート、最後にデータをオンライン上にアップする、とまあ、とにかく、メンドクセエ!

これでPS4で出来るようにはなったが、逆に携帯ゲーム機の場所を選ばない取扱いの良さを再認識、ずっとVitaの体験版をやっている。PS4には別のゲームが入っていて、交換するのも手間なのだ。もうVita版を買うか?

最初のキャラメイクで出来るだけGEBと同じになるようにした。GEとGE2では主人公は別人だが、俺的には同一のつもりで。主要キャラとも名前が被っているのが少々ややこしいが。そのキャラに「知っている人に似てる……」なんて言われたが……そりゃそうだろうさ。

ここ最近は複数の小説を同時並行で制作、執筆しながら、PCのSKYRIMにハマったり(2か月で150時間超!)、睡眠不足と戦いながら大量の仕事をこなしたり(残業はそれほどでもないが仕事密度が半端ない。2月に比べると倍以上をこなしている)と、充実してるんだか忙殺されているだけかよくわからない日々が続いている。
義弟のラノベ第2巻も出てなかなか刺激を受けたので、ちゃんと動いて行きたい。

チシャ猫によろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴッドイーターバースト

最近、少し時間があるときにちょっとずつやっている。タイトル通り、『2』でも『レイジバースト』でもなく、PSPの最初のやつ(のバージョンアップ版)だ。

PS4のレイジバーストが出て興味を持ったので、改めて始めてみた。
といっても一番最初のゴッドイーターは一度買ったことがある。でもなんか全然面白さを感じられず、直ぐに手放してしまった。

ちゃんとやってみると、二番煎じの狩りゲーじゃなく、それなりに面白いことが判明。アニメ寄りのキャラデ、やたら小出しなストーリー、全然強化できない装備、どうにも不思議な感覚のゲームだ。
MHシリーズと比べると、あらゆる面で雑な作りだが、それでも妙に印象に残る。手放してからも、不意に思い出すゲームだった。

主人公は最近の俺らしく女の子にしたが、かなり可愛く感じる。表情ひとつひとつが愛らしい。服装も露出度の高いものや胸の谷間を強調するもの、ミニスカートと、妙な拘り(と偏り)を感られる。もっとも流石に胸揺れはないし(レイジバーストではあると聞いたが)、パンチラもなかなか確認出来ない。
ただ、他のNPCキャラはハミチチやトップスの下から覗く下チチなどかなり“分かって”作ってある。PSPでも大したもんだ。ゲームとしての肝心な部分よりも遥かに力が入っている気がする。

今は難易度5が始まったところだが、ストーリーの展開が遅すぎて、なんかどうでもいい。装備の強化もせいぜい3段階目程度で、強さも余り感じない。それでも何とかなってるんだから、バランスはいいんだろう。システム面での雑さが、小気味良いスピーディさになっている。

2、30分の合間にちょこちょこやっているだけなのでなかなか進まないが、逆にそれくらいが丁度いい、そんなゲームだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)